プライバシーポリシーご利用規約
お問い合わせサイトマップ

施設紹介

サムスングループのR&D拠点 サムスン日本研究所の施設を紹介します。

施設紹介

本社
総床面積1万9000m2の研究所施設を紹介します。
正面エントランスから一歩研究所に足を踏み入れると
ロビーの広々としたスペースが広がっています。
サムスン日本研究所は総床面積約1万9000m2
インテリジェントビル。
広々とした空間、先端を行く研究施設の中で、
研究開発者たちは自分自身の研究テーマを追究しています。

詳細はこちら

大阪研究所
地上14階地下1階建ての研究所施設を紹介します。
大阪研究所は、'02 年に大阪分所として開設、
約10 年以上の期間をかけて
現在の規模まで拡張してきました。
社屋である箕面船場センタービルは、総床面積約22,000m2超、
地上14階地下1 階建ての広大な空間で、
快適なオフィス環境と実験環境の拡張性をサポートしています。

詳細はこちら